産婦人科
医療法人社団銀杏会
三橋クリニック
〒290-0170
千葉県市原市うるいど南1-3-3
TEL: 0436-37-5711

予防接種のご案内

予防接種のご案内

予防注射を受けることは義務ではありませんが、健康の保持・増進または病気の予防のためにも、注射を行うことをお勧めします。

種類

  • BCG
  • 二種混合
  • 四種混合
  • 麻しん風しん混合ワクチン
  • 日本脳炎
  • ヒブワクチン
  • 肺炎球菌ワクチン
  • 子宮頚がん予防ワクチン(2種類)
  • 不活化ポリオワクチン
  • B型肝炎予防ワクチン
  • 水痘
  • おたふくかぜ
  • ロタウイルス予防ワクチン
  • 風しんワクチン
  • 破傷風トキソイド

千葉県内定期予防接種相互乗り入れ事業に伴う注射も可能です。
BCG、二種混合、四種混合、日本脳炎、麻しん風しん混合ワクチン、子宮頚がんワクチン、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン、B型肝炎予防ワクチン、水痘
*ただし事前に電話または受付で予約をして下さい。

みずぼうそう:3歳以上
おたふくかぜ:1歳以上
肺炎球菌ワクチン:5歳以上~10歳未満
B型肝炎予防ワクチン : 1歳以上
ロタウィルス予防ワクチン :生後6週間~24週未満(※予約が必要です)
インフルエンザワクチン:生後6ヶ月以上(高齢者インフルエンザ含む)
子宮頸がんワクチン:10歳以上の女性(※予約が必要です)
成人用肺炎球菌ワクチン:65歳以上(※予約が必要です)
風しんワクチン(※予約が必要です)
破傷風トキソイド(※予約が必要です)
のついている予防接種は有料です。

持ち物:問診表、母子健康手帳、保険証、乳幼児医療費助成受給券、診察券

*問診表は受付にも用意してあります
乳児健診、幼児健診との組み合わせも大丈夫です
平成28年4月1日より予防接種を受ける際、保護者以外の方が同伴する場合は委任状が必要になりました。
*委任状は市原市役所ホームページからダウンロードできます。(ここでの保護者以外とは子供の健康状態をよく知る親族(祖父母、叔父、叔母)などをいいます)

みずぼうそう予防注射

対象3歳以上でみずぼうそうにかかったことがない人
予約必要なし
接種方法・間隔上腕に皮下注射2回
(1回目より3か月以上間隔をあけて)
持ち物児:母子健康手帳、保険証、乳幼児医療費助成受給券、診察券
大人:保険証、診察券
*問診表は受付に用意してあります
注意事項予防注射をしてもみずぼうそうにかかることがありますが、その場合軽い症状で済みます
その他大人の方で、みずぼうそうにかかったことがあるかはっきりわからない場合は、血液検査を受けた上で、注射が必要かどうかも判断できます。 
(血液検査(水痘・帯状疱疹抗体検査)は4,350円です)
金額6,800円 (税込)

平成26年10月1日より市原市に住民票があり、かつ水痘にかかったことのない1歳~3歳未満の児は自己負担なしで注射が行えます。(事前手続きは不要です)

おたふくかぜ予防注射

対象1歳以上でおたふくかぜにかかったことがない人
予約必要なし
接種方法・間隔皮下注射2回
(1回目より目安として3年以上間隔をあけて)
持ち物児:母子健康手帳、保険証、乳幼児医療費助成受給券、診察券
大人:保険証、診察券 
*問診表は受付に用意してあります
注意事項予防注射をしてもおたふくかぜにかかることがありますが、その場合軽い症状で済みます
その他大人の方でおたふくかぜにかかったことがあるかどうかはっきりわからない場合は血液検査を受けた上で、注射が必要かどうかも判断できます。
(血液検査(ムンプス抗体検査)は4,350円です)
金額5,100円 (税込)
おたふくかぜ予防注射

ヒブワクチン

Hib(ヒブ)とは、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型という細菌のことです。最初に発見されたときにインフルエンザ感染者から発見されたため、この「インフルエンザ菌」という名前がつきましたが、皆さんの知っているインフルエンザウイルスとは全く違います。 
このHib(ヒブ)という細菌が、人から人へ飛沫感染し、鼻咽腔に保菌され、これが病原菌となり、肺炎や喉頭蓋炎、敗血症などの重篤な全身性疾患を引き起こします。中でも髄膜(脳や脊髄を覆う膜)に感染するHib(ヒブ)髄膜炎は最も頻度が高く、予後が悪い病気です。

対象生後2ヶ月~5歳未満
予約必要なし
接種方法・間隔予防接種開始年齢により回数は異なります
持ち物母子健康手帳、保険証、乳幼児医療費助成受給券、診察券 
*問診表は受付に用意してあります
その他乳児健診と同日に行うことができます
他の予防接種と同日に行うことができます

ヒブワクチンの接種回数は初回接種日の月齢で判断します

初回接種日の月齢 回数 接種方法
2ヶ月~7ヶ月未満 3 3回(4~8週毎)+
追加1回(7ヶ月~13ヶ月未満)
7ヶ月~12ヶ月未満 3 2回(4週間以上あけて)+
追加1回(7ヶ月~13ヶ月未満)
12ヶ月~5歳未満 1 1回
5歳以上 接種の必要はなし

接種後1週間以上の間隔をあければ他の種類の予防接種が可能

ヒブワクチンの接種回数は初回接種日の月齢で判断します

肺炎球菌ワクチン(プレベナー)

肺炎球菌は、多くの子供の鼻や喉にいる、身近な菌です。普段はおとなしくしていますが、子供の体力や抵抗力が落ちた時などに、いつもは菌がいないところに入り込んで、いろいろな病気(感染症)を引き起こします。

肺炎球菌が起こす病気

細菌性髄膜炎

脳や脊髄を覆っている髄膜に菌が侵入して炎症を起こす。日本では、毎年約200人の子供が肺炎球菌による髄膜炎にかかり、うち1/3くらいが、命を奪われたり、重い障害が残ったりしている。

菌血症

血液の中に菌が入り込むこと。放っておくと、血液中の菌がいろいろな臓器にうつり髄膜炎などを重い病気を引き起こす心配がある。

肺炎

肺炎球菌という名の通り、肺炎の原因になる。症状が重く、入院が必要になることもある。

中耳炎

かぜなどで抵抗力が落ちた時に、耳の奥に感染し、炎症を起こす。肺炎球菌が原因の中耳炎は、何度も繰り返し治りにくいことがある。

このほかにも、副鼻腔炎、脊髄炎、関節炎なども肺炎球菌によって起こります。

対象生後2ヶ月~10歳未満
予約必要なし
接種方法・間隔予防接種開始年齢により回数は異なります
持ち物母子健康手帳、保険証、(乳幼児医療受給券)、診察券
*問診表は受付に用意してあります
その他乳児健診と同日に行うことができます
他の予防接種と同日に行うことができます
金額1回 10,200円 (税込)
※5歳~10歳未満は有料となります。

肺炎球菌ワクチンの接種回数は初回接種日の月齢で判断します

初回接種日の月齢 回数 接種方法
2ヶ月~7ヶ月未満 4 初回
4週間以上の間隔で3回
追加:
1才以降かつ
初回終了後より
60日以上あけて1回
7ヶ月~12ヶ月未満 3 初回
4週間以上の間隔で2回
1歳~2歳未満 2 60日以上の間隔で2回
2歳~10歳未満 1 1回
10歳以上 接種の必要はなし

接種後1週間以上の間隔をあければ他の種類の予防接種が可能

肺炎球菌ワクチンの接種回数は初回接種日の月齢で判断します

成人用肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)

肺炎球菌は喉や鼻の中にいる細菌で、肺炎や中耳炎、気管支炎などの呼吸器感染症、副鼻腔炎、髄膜炎などを引き起こします。肺炎球菌は約90種類に分類され、その中でも成人・高齢者で病気を引き起こしやすい23種類の菌の成分を含んだものが「ニューモバックス NP」です。特に高齢者では肺炎の原因はこの肺炎球菌が一番多く、インフルエンザ菌、嫌気性菌、緑膿菌と続きます。65歳以上の高齢者では肺炎による死亡率は、がん、心臓病、脳卒中についで高くなっています。

対象65歳以上
*成人用肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)は通常はお子様には使用しません。
お子様には小児用肺炎球菌ワクチン(プレペナー)を使用しますので、そちらをご覧下さい。
予約必要(電話または受付窓口にて)
接種方法・間隔上腕に皮下注射。
5年経過後再接種可能
*1度接種された方で、再度接種を御希望の方はお問い合わせ下さい
持ち物診察券、保険証
*問診表は受付に用意してあります
注意事項注射部位の腫れや痛み、ときに軽い発熱が見られることがありますが、通常1~2日で消失します。
その他効果の持続期間は接種後1ヶ月で最高値となり、その後4年間はあまり低下しません。
5年後にはピーク時の80%にまで抗体価が落ち、以後徐々に抗体価は低下します。
短期間の接種間隔で再接種を行うと副反応が増強します。前回の接種から5年経過していれば再接種できるようになりました。
金額1回 7,700円 (税込)

平成26年10月1日より、市原市に住民票があり、かつ65歳以上の対象の方は、自己負担4,000円で注射が行えます(予約が必要です)

インフルエンザワクチン

対象生後6ヶ月以上
予約受け付けておりません
*ワクチンの流通、在庫の状況によって人数制限を行う場合があります*
接種方法・間隔上腕に皮下注射
13歳未満:2回(2~4週間の間隔で)
13歳以上:1回
接種後1週間以上の間隔をあければ他の種類の予防接種が可能
持ち物児:母子健康手帳、保険証、乳幼児医療費助成受給券、診察券
大人:保険証、診察券
*問診表は受付に用意してあります
注意事項予防注射をしてもインフルエンザにかかることがありますが、その場合症状を少しでも軽くすることが期待されます
その他2019年10月1日より開始
金額1回目 3,300円(税込み)
2回目 2,300円(税込み)
ただし当クリニックで1回目のインフルエンザワクチンを接種した場合に限りますが、
2回目のワクチンの確保は確約できません
市原市在住の65歳以上の方は、自己負担額1500円

※例年インフルエンザワクチンの流通が停滞かつ遅延しているためご希望に添えない場合が考えられますがご了承ください
(ただし65歳以上と3歳未満の乳幼児はインフルエンザに罹患すると
重症化しやすいためなるべく優先して行うように致します)

子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックス)

子宮頸がんは20~30代で急増します

  • 子宮頸がんは初期の段階ではほとんど自覚症状がないため、しばしば発見が遅れます。
  • 子宮頸がんは20~30代で急増しています。
  • 日本人では年間約15000人の女性が発症していると報告されています。 

子宮頸がんは20~30代で急増します

子宮頸がんは発がん性HPVの感染が原因です

  • 発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)は性行為により感染しますが、特別な人だけが感染するのではなく、多くの女性が一生のうちに一度は感染するごくありふれたウイルスです。
  • 発がん性HPVには15種類ほどのタイプがあり、その中でもHPV16型、18型は子宮頸がんから多く見つかるタイプです。

発がん性HPV16型、18型の感染を防ぐワクチンがあります

  • 子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックス)は、すべての発がん性HPVの感染を防ぐものではありませんが、子宮頸がんから多く見つかるHPV16型、18型の2つのタイプの発がん性HPVの感染を防ぐことができます。
  • サーバリックスを接種してもHPV16型およびHPV18型以外の発がん性HPVの感染は予防できません。また、サーバリックスは接種時に発がん性HPVに感染している人に対して、ウイルスを排除したり、発症している子宮頸がんや前がん病変の進行を遅らせたり、治療することはできません。
  • 上記のようにサーバリックスの接種時にHPV16型や18型の発がん性HPVに感染している人に対して、十分な予防効果は期待できませんが、HPV16型と18型の両方に同時に感染している可能性は低く、HPV16型に感染している人でもHPV18型への予防効果が、HPV18型に感染している人でもHPV16型への予防効果が期待できます。また、発がん性HPVに感染している人に対してサーバリックスを接種しても症状の悪化などは報告されていません。
  • ワクチンを接種した後も、すべての発がん性HPVによる病変が防げるわけではないので早期発見するために子宮頸がん検診の受診が必要です。市町村が実施する公的子宮頸がん検診は、20歳以上を対象として2年に1回の受診間隔で実施されますので、定期的に受診しましょう。

対象10歳以上の女性
予約必要
接種方法・間隔上腕に筋肉内注射を合計3回
(2回目は1回目より約1ヶ月後、3回目は2回目より約5か月後)
持ち物保険証、診察券
注意事項妊婦へのワクチン接種は勧められていない
ワクチン接種後に妊娠が判明した時は、残りの予防注射は分娩後に行う(人工妊娠中絶の必要はない)
授乳中の女性はワクチンの接種が可能です
発がん性HPV16型、18型の感染を防ぐワクチンがあります

*ガーダシル(4価ワクチン)も子宮頚がん予防ワクチンとして承認されました。

ガーダシルは子宮頚がんおよびその前がん病変、外陰上皮内腫瘍、膣上皮内腫瘍、尖圭コンジローマなどの発症に関係しているHPV6型、11型、16型、18型の感染を予防するワクチンです。1つの型のHPVに感染している場合でも他の3つの型のHPVに対する予防効果は期待できます。詳細は院長へお聞きください。

*2013年より積極的な接種勧奨を差し控えることになっています。